MIXCHA会 お茶×キモノ

お茶とキモノってなんか似てる。って話から実現したMIXCHA会
MIXCHAって合組(ごうぐみ。お茶をブレンドすること)を楽しもうってことで
岩崎製茶さんから出ているお茶。→MIXCHA

そのMIXCHA TAKUMIを茶匠さんのお話を聞きながら楽しむ会。
キモノガール達と参加。
b0061718_23351433.jpg

かわいい。このかわいさだけで、私の役割は完成してると思う。笑。

私も素でお茶を楽しんできました。
昨日はMIXCHA TAKUMIの中で山梨さんという茶匠さんの
「高温度製造茶」という合組。
お茶って、だいたい100度以下の温度で製造するのだそうですが
150〜400度の高温度で製造した茶葉を単品で飲んでみたり混ぜてみたり。
b0061718_2355852.jpg

高温度代表はほうじ茶だって。
高温度って作るのが大変で静岡で作ってるところは少ないんだそうです。
ほうじ茶は血行を良くする働きなんかもあって、寒い地方で人気だとか。
自宅でフライパンで煎ることもできるらしい。
古くなったり、あまり美味しくないお茶も、煎ると香りと味が良くなるそうですよ。
b0061718_23554621.jpg

で、高温度で製造すると、
「まず、お茶の色がいい。」と興奮気味に話す茶匠、山梨さんは本当に
お茶を愛してるんだなぁと、なんだか素敵です。

なるほどなるほど。とお茶をミックス
b0061718_013439.jpg

混ぜてみると単品より香りがまろやかです。
実はお茶を混ぜるって、スゴく身近で。
十六茶とかもそうだけど
普段飲んでるお茶もすでに混ざっているんだって。
お茶ってそれぞれ、香りはいいけど、味が…とか
味はいいけど香りが足りないとか、特徴があって
そのそれぞれの良いところを引き出すようにブレンドするのだそうです。

で、飲んでみたお茶は単品よりも深い感じ。甘みも増した気がするし。

はぁ〜。普段、なんの気なしに飲んでいるけど、
お茶の世界も深いです。
ちどりのオーナーさんが
「お茶もキモノも手間がかかるけど、それだけ、手間をかけて楽しむ、楽しめることがいい」
というような事を言ってました。納得。

静岡はお茶どころ。でも、やっぱり、お茶離れの現状もあり。
それってキモノも一緒。
でも、なくしちゃいけないもの。
もっと楽しんでもらいたいな。

そんなMIXCHA会、第1回、楽しく参加してきました。
ありがとうございました。
第5回まで続くそうです。
次回はお茶と何がコラボするのかしら?
一般参加もできるかも??チェックしてみてね。
b0061718_08373.jpg

[PR]
by peaxxx | 2010-07-16 00:16 | きもの

静岡ラブで20年。千葉県民になりました。穏やかでなんでもない平和な日々


by peaxxx