正絹

しょうけん
と読みます。漢字をみるとなんとなく意味は伝わりますが
絹100%という意味です
けれど、耳だけで「ショーケン」と言われても
多くの人が「???」だと思います
呉服屋さんで「やっぱりショーケンの方が。。。ねぇ?」
なんて言われて、わかったふりをして「そうですよね」
と答えてしまった。なんて話をきいたので書いてみる

私も着物の勉強を始めてすぐ、ショーケンという言葉を聞いて
??だった。え?そんなおっさんいたけど。。。

着物や帯はほとんどの物が正絹
裏地には交織(絹50%ポリエステル50%のもの)やポリエステルを使う人も
いますが、多くは正絹です。
ですが、最近はお仕立て上がりのポリエステルの小紋が手頃な値段で
しかも、とってもかわいい柄がたくさん
私の着付の先生はポリの着物を嫌がります
すべって着にくいから。静電気もおきやすい。
やはり、見る人がみれば、すぐにポリだとは、わかってしまいますが
でも、かわいい柄がたくさんあって、値段もそこそこで。。。
そこをきっかけに
女の子達が着物に興味を持ってくれたらうれしいなぁ
と、私は思います
いつかは正絹。と。
正絹のものほど、色ヤケや汚れに目くじらたてなくていいし
気楽に着て、みんなが出かけてくれたらいいなぁ
[PR]
by peaxxx | 2008-02-25 23:50 | きもの

静岡ラブで20年。千葉県民になりました。穏やかでなんでもない平和な日々


by peaxxx